【医師でもこれだけは知るべき】SEO上やってはいけない30のこと

【医師でもこれだけは知るべき】SEO上やってはいけない30のこと

WEBサイトを上位に表示するために行うSEO対策ですが、そんなSEO対策には絶対に行ってはいけないことがあります。今回はそんなSEO対策のNGをご紹介します。

(※用語集は最終ページにあります)

1:極端に短い文章

1記事の合計文字数が200文字しかないというように、合計文字数が極端に少ないとそもそも検索エンジンに評価されません。それだけではなく、記事が極端に短いとユーザーに満足してもらえない可能性が高くなります。

基本的にはいくら文字数が少なくても1000文字程度は必要です。

現在のGoogleはTOPページの評価はあまりせず、それ以外のページの評価を高める傾向があります。

例えば、当社の場合、「認知度向上」とか「知名度を上げる方法」などで調べると1位で出てきます。(2019年11月現在)

ところが、トップページはその他のキーワードも含めて一向に上位ではないのです。

トップページの5倍上のアクセス数が、「その他のページ」にあります。

オススメとしては、上述の通りTOPページは1000文字程度にしておき、その他のページ(特にターゲット層にとって重要だと思われるページ)は1000文字以上になるよう、多めの文字数にしてください

メンバーコンテンツを表示するため ログイン または 登録 にて 新規会員 を登録してください。
最新情報をチェックしよう!
>新規メンバー募集(無料)

新規メンバー募集(無料)

CMAでは開業医の方向けの経営ノウハウの提供および、フォーラムにて質疑をおこなえるサロンを運営しています。
ただいま新規メンバー募集中です。
開業医の方であれば誰でもご登録いただけます。是非ご参加ください。
(なお誠に遺憾ながら、勤務医の方はご遠慮いただいております)