「広告を使わない」であなたのクリニックの知名度を上げる方法10のステップ

  • 2019年7月22日
  • 2019年10月7日
  • 未分類
  • 254view

あなたのクリニックの名前が浸透し知名度が上がれば・・

  • 名前が知られていれば、「この先生どうかな?」と天秤にかけられることがなくなります。
  • 病気になった時に患者は「診療科目が同じであれば、選ぶのは有名なクリニックにしよう!」と考えるかも知れません。
  • 初めてお問い合わせするのであれば、患者は「名前を知っているところにしよう」と思うかも知れません。
  • 採用活動するときも求職者は「どうせなら名前を知っているところにしよう」と思うかも知れません。

このように、いろいろ効果がある、つまり、知名度が上がることは、全てのプラスを呼び込むキーになる、とあなたは想像しているのではないのでしょうか。

知名度が上がれば、全てうまくいく。

悩んでいるのはあなたのクリニックだけではありません。

多くの人がGoogleで「クリニック 知名度を上げる」「知名度 ブランド力を上げる」「知名度の上げ方」などのキーワード検索を非常に多く行っています。

あなたのクリニック同様、知名度で悩んでいるクリニックは多いのです。

ここで質問です。

クリニックや病院の観点から外れて、みなさんが日常的に使っている商品・サービスを考えてみましょう。

  • あなたが知っている日本の有名なブランドを挙げてください。
  • CMで見たことのある育毛剤の名前を挙げてください
  • あなたが知っている自動車メーカー名を挙げてください
  • 手元のある雑誌に載っている広告を見て知っているクリニックを挙げてください
  • あなたのクリニックに飛び込み訪問営業で来る人材派遣会社や求人広告会社名で前から知っているところを挙げてください。

リストアップした会社やブランドの業績はよいでしょうか?

リストアップした会社やブランドは業界で1位でしょうか?

中には破綻懸念のある会社や、過去よりもずっと業績が下がっているブランドもあるはずです。

もしくは、知っていても、他と比較した上で「あなた自体が買わない商品・サービス」もあるかもしれません。

知名度が高くてもなぜ勝てないところが多くある中で、あなたのクリニックは今から説明する10ステップで認知度を上げられます。

メンバーコンテンツを表示するため ログイン または 登録 にて 新規会員 を登録してください。
最新情報をチェックしよう!
>新規メンバー募集(無料)

新規メンバー募集(無料)

CMAでは開業医の方向けの経営ノウハウの提供および、フォーラムにて質疑をおこなえるサロンを運営しています。
ただいま新規メンバー募集中です。
開業医の方であれば誰でもご登録いただけます。是非ご参加ください。
(なお誠に遺憾ながら、勤務医の方はご遠慮いただいております)